電マをクリに当てられながら重点的に乳首責めをされる

 Uさんから「るり香の肉体は、実に素晴らしい」って褒められて、とても嬉しくなってしまっていました。
実際に、セフレになってくれたUさんとの肉体関係で、私は肉欲に溺れるようになっていきました。
乳首責めだってたっぷりやってくれる。
セックス自体もとても上手。
クリイキも中イキも、毎回当たり前のようにさせてもらえます。
いつしか「今日、時間ありませんか?」って、私の方から、お願いするようにもなってしまっていました。

 

 乳首開発の方も順調なのかもしれません。
「以前よりも、敏感に感じているのがよく分る」ってUさんに、言われてしまうようになりました。
凄く気持ちよくって、何が何だかわからなくなってしまっている状態だったから、自分でも把握しきれなかったのかもしれません。
でも、実際実感する体験をすることにもなりました。

 

 いつものようにUさんに連れられて、ラブホテルに。
いつだってそうですが、高い期待感を持ちます。
その日も、とてもエッチな気分だったから、キスだけでメチャクチャな興奮になってしまった私。
オッパイを丹念に触ってくるんです。
コリコリの乳首を、夢中になって触り続けてくれるんです。
ビチャビチャって卑猥な音を出しながら、私の心まで燃やしてくるんです。
とても激しく、舌が高速に動きまくり乳首を刺激していた時のことだったんです。
頭が真っ白になっちゃって、口から「逝くぅ…」って、言葉が飛び出してしまっていました。
乳首イキの後も、私への愛撫はさらに続きました。
指でクリちゃんを激しく刺激されてしまう。
膣の中にも指を入れられてしまう。
電マをクリに当てながらで重点的に、乳首責めをされまくってしまう。
あまりにも気持ちよくなって、本当に真っ白状態。
いつしか彼の太いのが、私の中で動きまくっているって感じでした。

 

 乳首で絶頂を覚えちゃって、半端じゃない充実感を感じました。
出会い系サイトで、セフレを作って本気で良かったと、思えた瞬間でした。

定番サイト登録無料

乳首イキさせるのが得意なセフレを探すならココ!!

page top